CEMASTEA拡張に関する基本設計調査団受け入れ

2005年12月1日

(2005.12.1-12.23)
(2005.12.1-12.23)
無償資金協力が先方政府から申請され、そのアイディアが採択され、日本政府に承認され、現地で実際に工事が始まるまでには、相応の時間と手続きが 必要になります。◎億円という単位の税金を投入していただくのですから、それが 相手国の国民のお役に立つよう、過剰設計にならないよう、綿密に先方政府からの 事情聴取を重ね、要請背景や今後の活用計画を確認しながら進めていくのです。
今回の調査団は昨年6月に派遣された予備調査の次のステップ。ケニア政府の要請内容と、今後の研修実施計画にピッタリあった、オーダーメードの教員研修所に生まれ変わるよう、設計図案を作成していただいています。