SMASSE理数科授業セミナーの開催

2006年6月14日

(2006.6.13-6.14)
本年6月末に任期終了と同時に離任される武村及び徳田専門家の送別を機に、これまでのプロジェクト事業を踏まえたセミナーを開催しました。
日本からも、これまでお世話になってきた広島大学の馬場先生ならびに蔦岡先生にお願いして短期専門家として来訪いただき、講演いただきました。
特に徳田専門家が発表した中等教育卒業資格試験(KCSE)の成績の話題は、私達が暗黙のうちに信じ込んでいる「毎年の卒業試験の成績は、単純に比較可能な数値である」という考えに異議を唱え、生徒の学力の変遷を、卒業試験の結果の比較だけから判断するのは適当でないことを指摘する、大変画期的な発表でした。