ウガンダSESEMAT中間評価調査団への参団

2007年2月13日

(2007.2.19-2.23)
2005年8月に3年事業として開始されたウガンダSESEMATプロジェクトの進捗状況を確認する中間評価調査団が実施されました。教師の授業へのインパクトや、地方研修の資金のやり繰り、資機材の活用状況など幾つかの課題も指摘されたようですが、中等教育の無償化政策が始まって、ますます教育の質が注目されるウガンダにおいて、SESEMATのこれからの活躍がより一層期待されるところです。