ブルキナファソ基礎教育識字省次官のケニア教育省訪問

2007年6月28日

(2007.6.28)
ケニア教育省次官よりは、技プロのオーナーは教育省にあること、理数科不振は教員に大きな責任があること、その改善のために研修を行うのであるから参加する教員が日当を求めるのは筋違い、嫌なら首を挿げ替える以外に手はない、などと自らの実践経験に基づき話してくれました。