サバナケット県及びサラワン県における一村一品プロジェクト

サバナケット県及びサラワン県における一村一品プロジェクト

ラオスでは、農村部において潜在性の高い固有の産品を有する村があるものの、産品の品質の問題、マーケットの問題等により農民の生計向上になかなか結びつかない現状がある。市場経済化に対応する経済政策を担う人材及び組織の能力向上を目的に2003年から2005年まで経済政策支援プロジェクト(MAPS)がJICAにより実施されたが、ラオス側から強い要望がなされた結果、同プロジェクトで一村一品運動を取り上げることとなり、農村における地場産業活性化と農村生計向上のための施策のひとつになり得るものとして検討された。ラオス国政府はMAPSの調査結果も踏まえ、郡単位での一村一品運動の振興を模索してきたが、ラオスの社会…

更新情報

2010年8月2日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ラオス
課題:
民間セクター開発
署名日:
2008年11月10日
協力期間:
2008年12月3日から2011年12月2日
相手国機関名:
商工省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。