第1回Study Session(2010年度)

2010年9月3日

【写真】

第1回Study Sessionの様子

さる8月31日、ラオスのITアウトソーシング市場をテーマに、今年度第一回目のStudy SessionがSettha Palace Hotelにおいて開催されました。国内のソフトウェア開発のほとんどが海外企業に流れているという認識のもと、インド、ベトナム、タイなど近隣諸国の動向やラオスの抱える課題などが話し合われました。Digital Divide Dataの活動や、ラオス企業による日本からの開発受注の経験なども紹介されました。市場調査はローカルコンサルタント契約によりLao ICT Commerce Association (LICA) によって実施されます。