中央高地コメ生産性向上プロジェクト

「マ」国は約58万7千Km2の国土(日本の約1.6倍)に1750万人が住む、世界で4番目に大きい島である。コメを主食とし、日本人と比べ約2倍にあたる、年間国民一人当たり約120kgを消費する。コメの生産面積は140万ha、コメ生産量は毎年300万t前後であるが、サイクロン等の影響により年間生産量の変動が大きく、コメ消費量の約10%を輸入に頼っている。「マ」国の国家開発計画であるマダガスカル・アクション・プラン(MAP:2007〜2012年)において、計画達成上、最も重要な改革イニシアチブ の1つとして、「緑の革命の始動」により、コメの生産量を2005年の342万tから2012年までに倍増させる…

更新情報

7月22日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
6月5日
資料集」 を更新しました。
4月22日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月2日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
12月3日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
マダガスカル
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2008年12月1日
協力期間:
2009年1月8日から2015年7月7日
相手国機関名:
農業省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。