産業界のニーズに応えてゆくための職業訓練システム向上プロジェクト

産業界のニーズに応えてゆくための職業訓練システム向上プロジェクト

マレーシアは、急速な発展を遂げ、それに従って必要とされる産業化の人材は量が増加しているだけでなく、その質も大きく変わっています。日本の協力を得て作られたCIAST(高度技術訓練センター)、JMTI(日本・マレーシア技術学院)及び他の職業訓練校は、その時点での効果は大きかったのですが、その後、産業界の急速な発展に追いついていない状況です。最大の課題は、職業訓練校及びそれを統括する人的資源省と産業界との連携が進んでいないことが大きく、それを解決するためには、産業界、そこに働く人材について調査・分析する能力、産業界との連携する能力を高めると同時に、訓練機関のカリキュラム、訓練手法の改編に結びつけるこ…

更新情報

2009年2月18日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
マレーシア
課題:
教育
署名日:
2008年6月15日
協力期間:
2008年10月16日から2011年10月15日
相手国機関名:
人的資源省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。