障害者の社会参加支援サービスプロジェクト

障害者の社会参加支援サービスプロジェクト

マレーシア政府は1983年以降、CBR(Community Based Rehabilitation 地域に根ざしたリハビリテーション)の概念を取り入れて障害者支援に取り組んできました。これまでに実施した100名以上の福祉分野の青年海外協力隊員派遣による活動も功を奏し、障害の予防やCBR実施によるリハビリテーションは随分改善されてきましたたが、「アジア太平洋障害者の十年」の目標である「参加と機会の均等化」の達成は、法整備の遅れや自立支援のための制度が十分でない等の理由から進んでいません。

特に、障害者の包括的な自立支援が適切に行われていないため、いまだ多くの障害者がその能力を有し…

更新情報

2010年2月18日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
マレーシア
課題:
社会保障
署名日:
2008年3月31日
協力期間:
2009年9月1日から2012年8月31日
相手国機関名:
女性・家族・社会開発省、社会福祉局