プロジェクト概要

プロジェクト名

(和)自動車部品試験検査センター強化計画

対象国

【写真】

マレーシア

プロジェクトサイト

クアラルンプール近郊 シャーアラム

署名日(実施合意)

2006年12月1日

協力期間

2007年1月21日から2011年12月20日

相手国機関名

(和)マレーシア標準工業研究所QASインターナショナル

背景

現在、日馬経済連携協定の政府間交渉が行われており、交渉の過程で、部品産業が試験のため海外の検査機関に頼らざるを得ない現状に鑑み、自動車産業の部品試験センターの技術水準の向上及びキャパシティーの開発に対する協力の必要性が両国間で合意されました。

目標

【写真】

上位目標

部品試験検査センターの強化により、マレーシアの裾野産業の育成が図られ、経済の競争力の強化に貢献することが期待されます。

プロジェクト目標

自動車部品試験センターにおいて、自動車環境試験分野(雨、埃、塩害等の影響評価)および自動車照明の試験および分析が適正に行えるようになること。

成果

  1. 環境試験実施が正しく行われるようになること。
  2. 環境試験の計画立案ができるようになること。
  3. 環境試験の結果を解析・診断できるようになること。
  4. 照明試験実施が正しく行われるようになること。

活動

  1. 環境試験装置の操作要領にかかるマニュアル整備・研修を行います。
  2. 自動車メーカーと共に環境試験計画を立案し、事例を整理して計画手法をマニュアル化します。
  3. 環境試験結果に基づく部品の解析・診断を行い、事例をマニュアル化します。
  4. 照明試験装置の操作要領にかかるマニュアル整備・研修を行います。

投入

日本側投入

日本側投入 短期専門家1名《延べ3.3ヶ月》

相手国側投入

相手国側投入 カウンターパートの配置及び施設