(科学技術)マレーシアにおける地すべり災害および水害による被災低減に関する研究プロジェクト

マレーシアでは、近年の急激な経済成長に伴う人口増加や都市化の影響に加え、気候変動による降雨量および降雨パターンの変化に伴い、洪水・地すべり被害の経済的損失が今後ますます拡大することが懸念されている。マレーシア政府は研究機関との協働による災害低減のためのシステム構築を提唱しているが、十分な技術や経験を有する国内人材が不足していること、災害のモニタリング・予測や災害時の即時対応における、行政機関を中心とした連携体制の構築が課題となっている。

更新情報

4月2日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
1月9日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月11日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
8月29日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
7月14日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
マレーシア
課題:
水資源・防災
署名日:
2011年6月2日
協力期間:
2011年6月2日から2016年6月1日
相手国機関名:
マレーシア科学大学
マルチメディア大学
テナガナショナル大学

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。