複合農牧業経営モデル普及システム強化プロジェクト

モンゴルにおける農牧業セクターは、モンゴルの厳しい自然環境に大きく左右される状況の中で実施されており、高いリスクを抱えている。一例を挙げれば、ゾド(雪害)のような大きな自然災害が起こると、多数の家畜が死ぬなど大きな被害を受けることになり、農牧業従事者の生計は極めて厳しくなる。1990年の新体制移行後、国家による農牧業への支援体制は大きく減少し、これまで国家が担っていた農牧業経営におけるリスク管理は、各経営体が独自に実施しなくてはならない状況となった。新体制へ移行して20年が経過しているが、生産、加工、流通の面でリスク管理を行えていない農牧業経営体が数多く存在し、天候に大きく左右される不安定な経…

更新情報

2月1日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
1月4日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
12月3日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月1日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
10月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
モンゴル
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2010年2月4日
協力期間:
2010年3月1日から2013年3月1日
相手国機関名:
国家農牧業普及センター