都市開発実施能力向上プロジェクト

 英語

都市開発実施能力向上プロジェクト

モンゴル国(以下、「モ」国という。) のウランバートル市では、1997年の人口移動の自由化と1999年、2003年に起きた深刻な雪害により放牧を 営むことができなくなった遊牧民の地方から同市への流入に伴い、1998年に65万人であった人口が2007年には100万人を突破し、急激に人口が増加 している。現在、同市の人口増加率は3%程度で推移している。

人口増加の多くは地方からの流入であり、遊牧民が移動式住居(ゲル)を建て、都市の無秩序な拡大(スプロール)が進んでいる。この人口増加に対して、公共 の住宅供給を担う住宅金融公社の実施能力不足もあって住宅供給は需要を満たしておらず、同市の…

更新情報

2月1日
プロジェクトニュース」を更新しました。
9月27日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
モンゴル
課題:
都市開発・地域開発
署名日:
2010年1月19日
協力期間:
2010年6月1日から2013年3月31日
相手国機関名:
道路交通建設都市開発省、ウランバートル市

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。