内部監査及び業績モニタリングにかかる能力向上プロジェクト

モンゴルは、銅や石炭等の鉱山関連収入が歳入の2〜3割を占め、国際資源価格の変動に国内経済及び財政の双方が大きな影響を受ける構造にある。2000年代前半から中盤にかけては、資源価格の高騰と公共財政管理改革の進展により、財政収支や債務指標の大幅改善を達成した。特に、2003年Public Sector Management Finance Law (PSMFL)により、地方政府からの予算計画・実施権限の中央政府への集権化、債務権限の大蔵省への一本化、中期財政枠組みの制度化、業績マネジメント枠組みの導入等が法制化され、予算執行については国庫統一口座の確立によるキャッシュマネジメントの改善及び未払金の…

更新情報

10月30日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
モンゴル
課題:
ガバナンス
署名日:
2011年10月24日
協力期間:
2012年1月1日から2013年12月31日
相手国機関名:
大蔵省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。