プロジェクト概要

プロジェクト名

(日)ウランバートル市廃棄物管理能力強化プロジェクト

対象国名

モンゴル

プロジェクトサイト

ウランバートル市

署名日(実施合意)

2009年8月6日

協力期間

2009年10月10日から2012年10月9日

相手国機関名

(和)ウランバートル市市長事務局環境汚染・廃棄物管理部

背景

ウランバートル市には、モンゴル国(以下「モ」国)の人口約260万人の約4割にあたる約100万人が居住している。近年人口の急増(2000年〜2007年のウランバートル市の平均人口増加率3.9%)とともに市場経済への移行に伴う消費生活の変化に伴い、排出されるごみ量が増加し、廃棄物に係る問題が深刻化している。増加するごみ量に対して収集運搬サービスが追いつかず、特に地方から流入してきた遊牧民等が移動式テントを用いて定住し始めたゲル地区を中心に、ごみの不法投棄が大きな問題となっていた。また、ウランバートル市のごみの約9割を受け入れていたウランチュルート処分場(2009年6月閉鎖)においても、容量が限界に近づきつつある一方、覆土などの適切な処理が行われておらず、周囲の環境に与える悪影響が指摘されていた。

このような状況の下、2004年から約2年間、JICA開発調査「ウランバートル市廃棄物管理計画調査」が実施され、2020年を目標とするウランバートル市の廃棄物管理マスタープランが作成された。同調査を踏まえ、ウランバートル市では、マスタープランの達成に向け、主に(1)廃棄物処理システム改善(廃棄物処理会計の見直しと廃棄物サービス基金の設立、ごみ排出ルールの制定など)、(2)衛生埋立の実施、(3)3R の推進、(4)関連諸制度・組織体制等の改善、といった取組を推進していく計画である。また、2008年度には無償資金協力による関連資機材の投入、新規最終処分場(ナランギンエンゲル処分場)の建設等が行われた。

他方、開発調査以降、システムの改善が急速に行われてきているものの、マスタープラン基本目標である「環境保全と調和する廃棄物管理体制の構築」の達成に向けては取り組みが不十分な点も多く、また、組織やシステムの改編、リサイクル等の新規概念導入等が急速に進んだため、関係機関においてすらそれらを理解している人材は少数であり、引き続きウランバートル市の廃棄物管理体制の強化に向けた人材・組織の強化が急務となっている。また、わが国の無償資金協力により建設されたナランギンエンゲル処分場においては、モンゴルでは初めての取り組みとなる衛生埋立が行われる予定であり、新しい技術の定着を促進し、供与された資機材を適切に維持管理していくための技術移転も求められているところである。

目標

上位目標

不適切な廃棄物処理によって悪影響を受けているウランバートル市の都市環境と公衆衛生が改善される。

プロジェクト目標

人材育成を通じて、ウランバートル市の廃棄物管理能力が強化される。

成果

  1. 廃棄物管理事業の計画・政策立案にかかるEPWMDの人材が育成される。
  2. ごみ収集車と重機の維持管理に係るCMPUAとEPWMDの人材が育成される。
  3. ナランギンエンゲル処分場の適切な運営に係るCMPUAの人材が育成される。
  4. 廃棄物管理の財務管理に係るEPWMDとWSFの人材が育成される。
  5. 市民啓発活動に係るEPWMDと区役所の人材が育成される。
  6. ウランバートル市に適したごみ分別リサイクル計画が提言される。

活動

【成果1】

  • EPWMD職員の能力ベースライン評価。
  • 研修計画・教材の作成と研修の実施。
  • 廃棄物管理に係る規則・ガイドライン策定の支援。
  • M/Pの見直しと更新作業の支援。
  • EPWMDの組織強化アクションプランの策定支援。

【成果2】

  • CMPUAの機材維持管理に係る能力ベースライン評価。
  • 研修計画と教材の作成、研修(実習指導含む)の実施。
  • CMPUAの整備工場の運営管理計画に関する提言とりまとめ。
  • CMPUAとEPWMDがUB市のごみ収集運搬計画について見直しと提言の取りまとめ。
  • 民間収集業者に対する機材維持管理セミナーの実施支援。

【成果3】

  • CMPUAの埋立管理能力に係るベースライン評価。
  • 研修計画と教材の作成、研修(実習指導含む)の実施。
  • 最終処分場で受け入れるごみ量ごみ質調査、ガス発生状況調査の支援。
  • 最終処分場の環境モニタリングレポートの作成支援。

【成果4】

  • WSFの財務管理能力のベースライン評価。
  • 財務管理に係る研修計画と教材の作成、研修の実施。
  • 各WSFの財務分析と財務管理システムに対する提言とりまとめと実行の支援。

【成果5】

  • 市民啓発活動能力に係るEPWMDと区役所のベースライン評価
  • 研修計画と教材の作成、研修の実施
  • 市民啓発活動に関するパイロットプロジェクトと社会満足度調査の計画立案・実施支援
  • 市民啓発活動に関する提言とりまとめの支援

【成果6】

  • 3Rについてのセミナー・ワークショップ実施
  • ごみ分別リサイクルについてのパイロットプロジェクトの計画立案・実施・モニタリング・評価支援
  • 適切なごみ分別リサイクル計画についての提言取りまとめの支援

投入

日本側投入

  1. 短期専門家6分野(総括/廃棄物管理、収集運搬・機材整備、衛生埋立、財務管理、市民啓発、分別リサイクル)
  2. 本邦研修の実施
  3. 機材供与(ごみ手分別パイロット施設、携帯ガス計等)
  4. プロジェクト運営経費(現地研修に係る費用、教材作成費等)

相手国側投入

  1. カウンターパートの配置
  2. 執務室及びパイロット施設建設のための土地の確保(基礎インフラ含む)
  3. その他ローカルコスト