プロジェクト活動

モロッコ水産加工コンセプト図

水産物加工部門

センターの水産加工部門の研究開発能力を強化し、新製品開発の潜在能力を高め、それがモロッコ水産加工業界に裨益することを目標としています。

多様な水産物加工品を開発・改良していく土台作りのために、水産物加工の基本技術の習熟訓練を実施しています。

  • 乾製品
  • 燻製品
  • レトルト食品
  • 粉末乾燥食品
  • 養殖魚用飼料
  • 水産練り製品
  • 缶詰製品の殺菌条件の最適化
写真

(1) 原料処理

写真

(2) 燻製準備

写真

(3) 燻製

写真

(4) レトルトパウチへの充填作業

写真

(5) 真空包装

写真

(6) 殺菌開始!

品質管理部門

本センターの衛生・品質管理部門の研究能力を高め、モロッコ国における衛生及び品質管理の指針を検証し、関係部門に提案することを目標としています。

企業を訪問調査した結果から、プロジェクトでは、水産業界に貢献するために、以下の研究テーマを選定し、研究を進めています。

  • アンチョビー瓶詰め製造中のヒスタミンの生成機構とその抑制
  • 缶詰の賞味期限の検証
  • 缶詰貯蔵中の高度不飽和脂肪酸(DHA、EPAなど)の変化
  • 生鮮魚の化学的鮮度指標に関する研究
  • 化学的鮮度指標に関する研究
  • 重金属(カドミウム等)に関する研究
写真

(1) 重金属の測定

写真

(2) 細菌の確認

写真

(3) 油脂の抽出

管理部門

本センターの管理・運営能力を強化し、民間企業、関係機関との連携を構築していくこと、コミュニケーションを活発にすることによって、広報活動の活性化を図り、センターの活動が水産業界のニーズを反映していくことを目標としています。

農業・農村開発・海洋漁業省国立海洋漁業研究所の下で、以下の活動を行っています。

  • 各種委員会(運営委員会、合同調整委員会、科学技術委員会)の開催
  • センターの技術を水産業界に伝えるためのセミナー、ワークショップの開催
  • ホームページやパンフレットの制作を通じた広報活動
  • 博覧会、展示会への参加。試食会の開催
  • 論文・報告書・教材の取りまとめ
写真

運営委員会(試食)

写真

加工セミナー(演習)

写真

合同調整委員会