災害多発地域における道路技術改善プロジェクト

ミャンマー連邦共和国(以下「ミャンマー」)における建設省管轄道路(約37,600キロメートル)のうち、舗装率はアスファルト舗装が約49%、簡易舗装が約18%、砂利舗装が約16%となっており、残りが土道です。アスファルト舗装率の高い主要都市間道路を除き、浸水などに対して極めて脆弱な構造となっています。アスファルト舗装による全天候型道路の整備推進は道路セクター政策の課題ではあるが、技術的・財政的な制約からその進捗は遅れています。 特に、沿岸部に位置するエーヤーワディ・デルタ地域は広く軟弱地盤に覆われており、サイクロンや大雨などの災害による被害が甚大となるリスクを抱えています。2008年に発生…

更新情報

2014年12月19日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ミャンマー
課題:
運輸交通
署名日:
2012年7月26日
協力期間:
2012年7月26日から2015年6月30日
相手国機関名:
建設省 公共事業局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。