プロジェクト概要

プロジェクト名

(和)郵便サービス能力向上プロジェクト
(英)Postal Services Capacity Improvement Project

対象国名

ミャンマー連邦共和国

署名日(実施合意)

2015年11月27日

プロジェクトサイト

ネピドー、ヤンゴン管区、マンダレー管区

協力期間

2016年6月9日から2019年6月8日

相手国機関名

(和)通信・情報技術省ミャンマー郵便公社(MP)

背景

ミャンマー国通信情報・技術省ミャンマー郵便公社(以下、「MP」という。)は、安価な料金で全国あまねく提供される、ユニバーサルサービスとしての郵便サービスを扱う唯一の公的事業体である。今後、国土全域に物流・情報・金融ネットワークの拡大を加速させ、国土の均衡ある発展や国民の生活向上を図って行くためには、MPの郵便サービスが全国において迅速・確実に提供される必要がある。

また、ミャンマーにおいては経済が急速に発展しており、今後さらなる成長が見込まれる。こうした中、経済活動の活性化及び電子商取引の増加に伴い各種ビジネス文書の送達サービスや、小型物品の物流サービスの拡大が想定され、MPが提供する郵便サービスには物流・通信面からの経済活動の促進が期待されている。

しかしながら、現在のMPにおいては、郵便配送ネットワークが十分に成熟していないことや、配達作業や局内作業に課題が多いため、送達遅延や郵便事故(誤配、紛失等)が発生しており、円滑な物流による経済活動の活性化の阻害要因となっている。係る状況の下、MPは本事業により、郵便物の送達速度及び送達率の改善を通じて、効率的な物流体制の構築を目指している。

目標

上位目標

本プロジェクトで規定されたサービス改善の手法・取り組みが、全国に普及し始める。

プロジェクト目標

ヤンゴン、ネピドー、マンダレーの三都市における郵便サービスが向上する。

成果

1)郵便配送ネットワークが改善される。
2)集配作業が改善される。
3)局内作業が改善される。
4)中長期郵便事業改善計画が検討される。