中央乾燥地村落給水技術プロジェクト

 英語

中央乾燥地村落給水技術プロジェクト

ミャンマー国(面積678,330km2、人口約4,940万人(03年世銀統計)、1人当たりGNP約270米ドル(97年度))(以下ミ国)は、1948年に英連邦外の共和国として独立した東アジア西端に位置する国家です。

中央乾燥地は、亜熱帯半乾燥地帯に属し、約1,150万人の人口(総人口の27%、人口密度は全国平均の約3倍)を抱えています。同地域の年間降雨量は400〜880mmで、その多くは、5月〜10月に集中します。同地域における住民は、生活用水を主として雨水を溜めた村落内の溜池に頼っているため、乾季も半ばを過ぎると溜池の水位が下がり、利用が不可能になると、村から数キロメートル離れ…

更新情報

2009年11月13日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ミャンマー
課題:
水資源・防災
署名日:
2006年9月7日
協力期間:
2006年12月4日から2009年10月31日
相手国機関名:
・国境地域少数民族開発省・国境地域少数民族開発省 開発局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。