地域展開型リプロダクティブヘルスプロジェクト

地域展開型リプロダクティブヘルスプロジェクト

ミャンマー国では、保健医療従事者の知識/技術および数の不足、物理的アクセスの悪さや保健システムの未整備などによる末端(特に農村地域)の保健医療施設/サービスの不足ないし欠如、基礎的薬品や避妊薬(具)の不足などが原因で、家族計画/リプロダクティブヘルス(FP/RH)のサービスおよび情報への住民のアクセスが限られている。そのため、これらのサービスや情報に対するアンメット・ニーズ(満たされていないニーズ)が全国的に高い。

また、伝統的習慣やリプロダクティブヘルス関連の情報や教育の不足が原因で、国民のリプロダクティブヘルスに対する理解や関心・知識が不足している。

2004年…

更新情報

2010年1月15日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ミャンマー
課題:
保健医療
署名日:
2004年12月24日
協力期間:
2005年2月1日から2010年1月31日
相手国機関名:
保健省、対象地区のタウンシップ保健局、地域保健センター等