ソフトウェアおよびネットワーク技術者育成プロジェクト

ソフトウェアおよびネットワーク技術者育成プロジェクト

UCSY(ヤンゴン・コンピュータ大学)教育方法は座学中心であって実習が不足している。このため、UCSYの卒業生が企業に就職後、新たにOJTによる長期の訓練が必要となっている。UCSYもカリキュラムの改定により演習の強化を目指しているが、教員の能力不足、機材不足および頻繁な停電により大きな改善は望めない状況にある。UCSYの学生も問題意識を有しており、大学の授業の終了後に民間のコンピュータ学校で別途訓練を受けている学生も多いが、そこでは民間訓練センターも一般的なアプリケーションソフトの使用方法の学習や資格取得を目的とした訓練が主となっており、必ずしもICT企業への就職を目的とする学生のニーズに合…

更新情報

2011年1月17日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ミャンマー
課題:
情報通信技術
署名日:
2006年5月23日
協力期間:
2006年12月11日から2011年11月30日
相手国機関名:
ミャンマー国科学技術省(MOST) ヤンゴン・コンピュータ大学(UCSY) 情報通信技術訓練センター(ICTTI)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。