PDM(version 0)

承認日

2006年9月29日

成果

  1. 対象とする村落において経済的、環境的にも持続可能な共有林活動が実施される。
  2. 効果的な共有林管理・支援体制が、森林局内で確立される。
  3. 荒廃したマングローブ林の再生、マングローブ林ならびに関連する森林の管理のために必要な造林技術が開発される。
  4. マングローブの荒廃に対処するための関係機関の調整機能(メカニズム)が構築される。

活動

ア 成果1に係る活動

1-1
共有林に関心を有する村落の中から共有林活動に参加する村落を選定する。
1-2
対象村落の社会経済状況を明らかにするためにベースライン調査を実施する。
1-3
対象村落において共有林活動に参加する住民組織(共有林ユーザーグループ)の形成を支援する。
1-4
共有林の認証に必要なプロポーザルと共有林管理計画の住民主導による作成を支援する。
1-5
共有林管理計画の実施を支援する。
1-6
生計向上に必要な共有林以外の生計向上プログラムを作成する。
1-7
生計向上プログラムを実施する(水産養殖、換金作物栽培などの経済活動)。
1-8
共有林活動の実施をモニタリング・評価するための体制を構築する。
1-9
対象村落の住民の生活(生計)へのインパクト調査を実施する。

イ 成果2に係る活動

2-1
保全林区ごとに必要な具体的活動を細分化する。
2-2
共有林タスクフォースの各レベル(中央、管区、県、郡)での役割、責任を明確にする。
2-3
共有林タスクフォースのニーズを検証する。
2-4
マングローブ林用の共有林活動実施・運用基準の案を作成する。
2-5
共有林の標準的な運用手続きに関する研修教材を準備する。
2-6
共有林の普及に関し、現場の森林官を訓練するとともに、共有林の普及を支援する。

ウ 成果3に係る活動

3-1
造林モデルを計画するための調査を実施する。
3-2
造林モデルごとのアクションリサーチの試験設計をする。
3-3
植え付けの実施計画を策定する。
3-4
苗畑など施設の準備を行う。
3-5
アクションリサーチ用のプロットの地ごしらえや材料を準備し、植え付けを実施する。
3-6
パトロールの実施、技術面からの定期的なモニタリングおよび初期評価を実施する。
3-7
技術ガイドライン(案)を作成する。

エ 成果4に係る活動

4-1
県レベルで調整委員会を設置し、マングローブ林の減少・劣化の原因を取り除く方策を検討する。
4-2
デルタ地域における土地の利用状況に関する情報を定期的に更新する。
4-3
農業・水産などのセクター間の共通認識と協力関係を促進するためのセミナーを実施する。

投入

ア 日本側投入

  1. 専門家派遣:総括、参加型村落開発、マングローブ保全、アグロフォレストリー、水産養殖、他
  2. 機材供与:車両、ボート、GPS、OA機器、他
  3. 現地活動費
    • 生計向上活動関連:野菜種子・果樹苗木・稚魚、肥料・えさ、農園・養殖池の整備費
    • マングローブ植林関連:種子・苗木、肥料・農薬、苗木生産・間伐・枝打ちなどの経費
    • 施設整備:苗畑、森林局キャンプ、共有林普及・苗畑センターなどの改修・建設、他
    • その他: 研修・セミナー、巡回指導、調整委員会開催などの経費
  4. カウンターパート研修:関連分野において年1〜2名程度

イ 相手国側投入

  1. カウンターパートおよびその他スタッフの配置:プロジェクト・ディレクター、プロジェクト・マネージャー、プロジェクト・コーディネーター、フィールド・プロジェクト・マネージャー、クラーク、ドライバーなど補助員
  2. 建物、建設、資機材の提供:プロジェクト・オフィス、試験植林用の土地、ボート、車両およびその他機材の保管場所
  3. プロジェクト活動に必要な経費:年間20,000ドル相当のプロジェクト活動経費(人件費を除く)

外部条件

ア 前提条件

  • 保全林区内の住民が共有林令を受容する。
  • 共有林令に関する政府の政策に変更がない。

イ 外部条件

  • マングローブ復旧活動に甚大な影響を及ぼす自然災害が発生しない(サイクロン、津波、洪水、病虫害など)。
  • プロジェクトに関連する行政機関や関係者がマングローブ林の持続可能な管理を推進することに協力的である。
  • 当該保全林区内で、急激な人口増加が起きない。
  • マングローブ林を伐採し、他の土地利用を進める外圧が増えない。
  • 薪炭材など共有林からの生産品価格に大きな変動が無い。
  • 薪炭材など共有林生産品の生産者に有利な市場が存在する。
  • 森林局の4つの保全林区の管理方針に大きな変更が無い。
  • マングローブ林の持続可能な管理のために、十分な予算およびその他資源が確保される。