基礎保健スタッフ強化プロジェクト

ミャンマー国の保健医療分野では、妊産婦の死亡率や乳幼児の死亡率、そして感染症に罹患する率が非常に高いことが問題とされています。これらの最も大きな原因の一つとして挙げられるのは、保健医療人材、特に地域住民と接する機会の多い基礎保健スタッフが不足していることや、彼らが提供する保健サービスの質が低いことなどです。

JICAではこうした状況に対して、2007年8月と2008年2月の2度にわたり事前調査チームを派遣し、研修システムの改善を通じて基礎保健スタッフの能力向上をどのように図るかについてミャンマー政府側と協議してきました。こうして2009年5月に開始されたのが「基礎保健スタッフ強化…

更新情報

2014年5月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ミャンマー
課題:
保健医療
署名日:
2008年8月29日
協力期間:
2009年5月4日から2014年5月3日
相手国機関名:
ミャンマー保健省保健局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。