シンズリ道路沿線高価値農業普及促進マスタープラン作成プロジェクト

ネパール国(以下、「ネ」国)では人口の約3分の2が農業に従事しており、GDPへの農業セクターの貢献は2009/2010年度で33.0%(財務省)といわれている。また、貧困層の多くは農村地域に居住しており、農村部において農業は生計維持の重要な手段となっている。

「ネ」国では農業気象学的な特徴を踏まえて平野地域と山岳・丘陵地域で異なる開発アプローチを有しており、平野部では灌漑等の技術向上を活用した主にコメ・コムギ等の食糧の生産性向上、山岳・丘陵地域では畜産品(特に牛乳)、果樹、野菜等高付加価値産品の普及を図るとしている。

山岳・丘陵地域では、急峻な斜面での小規模…

更新情報

9月4日
ニューズレター」 を更新しました。
3月4日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ネパール
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2011年2月14日
協力期間:
2011年4月1日から2014年3月31日
相手国機関名:
農業開発省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。