中間レビューの実施

2016年2月29日

2016年2月

2016年2月7日〜26日にJICAとカウンターパートによる合同中間レビューが実施されました。中央レベルでは、教育局、国家教育開発センター(NCED)、カリキュラム開発センター(CDC)の各カウンターパートとの協議やインタビューが実施されました。地方では、中間レビュー調査団がチトワン郡とタナフ郡を訪問し、郡教育事務所長や郡教育事務所職員、リソース・パーソンと協議し、さらには学校を訪問して校長や先生、SMCメンバーと意見交換を行いました。中間レビュー調査団は、PDMに沿ってプロジェクトの成果1〜4の達成状況について確認するとともに、主な提言として1)プロジェクトの主要活動を引き継ぐ実施体制・プロセスを具体化する 2)支援がより必要な学校やSMCについてSIP策定・実施への具体的な支援、フォローアップ方法を考察する 3)プロジェクトの経験と教訓をもとに学校運営改善のための能力向上プログラム提案書を更新する等が示されました。SISM2ではこれらの提言を念頭に、今後のプロジェクト活動を進めていきます。

【画像】

中間レビューのためのインタビュー実施(タナフ郡)