プロジェクトの1年延長

2017年6月30日

2017年6月

2017年3月に実施された終了時評価で提案されたプロジェクトの1年延長と延長期間の活動内容について協議が進み、プロジェクトは2018年6月まで継続することになりました。延長の目的は、「プロジェクトが技術支援してきた活動を一層定着させ持続性を強固なものにする」ことです。プロジェクトでは、ネパール政府が行う(1)SIP評価の全国展開、(2)SIP-FGB(SIP Formulation Guidebook)の改訂、(3)連邦制への移行を見据えたSIP活動定着のための戦略計画作成について技術支援します。なお、(1)のSIP評価の全国展開に係る費用については、教育省の予算から拠出することがコミットされ、ネパール政府のオーナーシップの高まりが見られます。