第1回ILS理論研修について

2018年8月24日

8月19日から8月24日の期間で計器着陸装置(Instrument Landing System:ILS)理論研修が行われました。
研修生はトリブバン国際空港のCOM/NAV(Communication/Navigation)担当の職員を中心に、オブザーバーを含め26名が受講しました。理論研修ではILSの目的や構成、及びICAOにおけるILSの規定を学習し、基礎知識の習得を目標としております。
研修終了後は、26名に対して修了証を授与しました。次回のILS理論研修はCOM/NAV以外の管制技術官に対して実施を予定しております。
研修生にとっては実機がないため、あまり実感が持てないと思いますが基礎知識を習得することはとても大切な事であり、今後のワークショップ等で更なる技術と知識を習得することを期待しております。

【画像】

【画像】