中米津波警報センター能力強化プロジェクト

中米の太平洋岸地域(グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ及びパナマ)は、カリブプレート西端に位置し、太平洋側からココスプレートがカリブプレートの下に沈み込んでいることに加え、南米プレート北西端とナスカプレート北東端が接していることもあり、地震が頻発する地域である。さらには太平洋岸ではプレート境界が沿岸部に近接していることから、太平洋沿岸における近傍・隣接地域で津波の発生による被害が危惧されている。近年では1992年ニカラグア近海でマグニチュード7.6の地震で津波が発生し地震・津波により約200名の死者・行方不明者及び経済的損失を、また2012年8月にエルサルバドルで…

更新情報

2019年9月18日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年9月12日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年4月26日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年3月5日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年2月22日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ニカラグア
課題:
水資源・防災
署名日:
2016年6月2日
協力期間:
2016年10月6日から2019年10月5日
相手国機関名:
国土調査院