スタッフの交代

2007年1月5日

写真PROMECEMを立ち上げ当初から影で支えてくれていたアシスタントのアレハンドラ・ロペス女史が1月5日をもってプロジェクトを去ることになりました。優秀な彼女は、さらに研究を続けるために米国大学院の博士課程に進学します。同女史には今後もニカラグアの発展に貢献して欲しいと思います。
新しいアシスタントはマリア・ホセ・ロペス女史です。運営面の補佐と同時に、プロジェクトのグラフィック・デザイナーとして働いているフェルナンド・ロブレート氏と一緒にIT技術者としても働いてもらいます。

写真:教育局でのロペス女史の送別会の一コマ