PROMETAM専門家による5年生作成研修

2007年6月7日

写真プロジェクトも2年目を迎えました。
今年は、(昨年度に発刊した)1年生から3年生までの教材のバリデーションと4年生、5年生の教材作成とハードスケジュールが続き、教材作成において正念場を迎えます。

そんな中、6月4日から7日まで、PROMETAMから丹原一広専門家(PROMETAM副総括)、阿部しおり専門家(算数教育)が来訪し、ニカラグア人技官達に5年生の作成指導のための技術指導を行っていただきました(丹原専門家は6日までの滞在)。
4月下旬に実施されたホンジュラスでの広域研修で、高学年の指導は受けていますので、今回は主にフォローアップのための研修です。

また、運営面をフォローされる丹原専門家は専門家として着任後、今回が始めてのニカラグア訪問ということで、PROMECEM専門家のカウンター・パートであるトゥーリオ・タブラーダ教育局長とも会談を持ち、教育省が予定しているプロジェクトが作成した教材の全国配布などについて意見を交わしました。
タブラーダ局長からは、PROMETAMの皆さんへの日ごろの支援への謝辞が述べられたことと、プロジェクトが作成した算数の教員用指導書や教科書の良さが、すでに教育省で認識されており、今後の高学年の教材も引き続き全国配布に向けて前向きに検討している旨の発言がありました。

(写真:研修の一コマ)