阿部しおり専門家来訪

2007年7月16日

7月10日から13日まで、PROMETAM阿部しおり専門家が来訪してくださいました。
目的は、5年生教材の中間チェックと、バリデーション方法を確立するための会議への参加です。
バリデーションでは、(1)7月に、バリデーションに参加しているチナンデガのパイロット地域の13校の公立小学校の校長先生と会合(予備会合)を持ち、第1コアがバリデーションで欲しい意見のポイントなどに関してオリエンテーションを行い、(2)その後、各学校で各学年の先生達がそれぞれの受け持ち学年で使用している指導書や教科書に関して期限までに意見を持ち寄り、(3)それを1年生担当教諭(各学校の代表)は9月第1週、2年生担当教諭は10月、3年生担当教諭は11月、に本省技官の第1コアとバリデーション会議を行い、意見を出してもらうことになりました。
指導書と教科書はこの意見収集を元に今年中に改定され、来年1月には完成版が発刊される予定になっています。