2年生バリデーション会議

2007年10月4日

写真10月4日に、チナンデガ教員養成校で2年生のバリデーション会議が実施されました。
当日は、教育省技官3名の司会の下、バリデーション作業に参加している地域の13小学校から2年生担任をしている先生達、教員養成校の2名の算数科教員と、指導主事、そして2名の協力隊員が参加してくれました。
参加した先生達からは、「板書例は良い見本にはなっているが一方で実態に即していないのではないか」、「指導書の説明に対して工夫が欲しい」、など多数の意見が出されました。
技官たちはこれらの意見を集約して、10月中に改定を行い、来年新学期には全国の教員養成校と、バリデーションに協力している13校に改訂版を配布予定です。また、教育省でもこの改訂版を元に全国に配布する計画があります。
そしてこのバリデーション会議には外務省国別評価調査団が視察に来訪し、チナンデガの教員養成校のプロジェクトの受益者である2名の算数科教員にインタビューをおこなっています。

写真:チナンデガ養成校中庭で算数教員に話を聞く調査団の皆さん(写真左端2名)