西方チーフアドバイザー、近藤研修員の来訪

2008年1月15日

1月13日から15日まで、PROMETAM広域プロジェクト・チーフアドバイザーの西方専門家がニカラグアの技官達にプロジェクトの研修の研修準備支援のため来訪してくださいました。今回は、PROMETAMで研修中の近藤女史もプロジェクト視察のため来訪し、23日まで滞在します。
事前に技官達が12月研修のマニュアルに修正をおこなっていましたが、それに沿って西方専門家から技術指導を行っていただきました。
また14日に、西方専門家と近藤研修員は、12月に交代したPROMECEM専門家の新カウンターパートであるギジェルモ・マルティーネス局長とも会合を持ち、意見交換をおこないました。その中では新局長も引き続きプロジェクトに対して最大限の支援を行うことを約束してくれました。
近藤女史は第1カスケード研修までニカラグアに残って下さり、技官達に指導をしていただきます。また、忙しい時間の合間を縫って15日にチナンデガの視察などを行い、教員養成校やバリデーションに協力している小学校を訪問しました。残念ながら新学期の始業前なので授業を観察することは出来ませんでしたが、養成校校長先生との会談などを通じて雰囲気はつかんでもらえたと思います。
(了)