第3回在外広域研修参加

2008年4月28日

写真写真毎年この時期に広域プロジェクトの5カ国がホンジュラスに集まって開催される研修会ですが、今年は3回目になりました。ニカラグアプロジェクトからは総勢7名の教育省技官と教員養成校教官が参加し、毎年この研修で講師として支援いただいている筑波大附属小算数専科の先生のご指導のもと、実り多き6日間になりました。
写真写真研修会では講義の他、5カ国のメンバー混合で学年ごとに2年生から6年生までの5グループに分かれて実習が行われました。グループ内ではカリキュラムの検討を行ったり、宿題の指導案を持ち寄って協議を行い、各グループの代表者がホンジュラス教育大附属小で研究授業を行った後に研究会を実施したりと、より実践に近い研修内容が盛り込まれました。ニカラグアカウンターパートは5グループ中3グループで代表として研究授業を行いました。いずれも児童の実態に即した非常に素晴らしい授業が行われ、筑波大附属小の先生にも絶賛いただきました。授業実践の経験を積んだことで、今後の教材作成にいっそうの磨きがかかった研修会参加でした。 

写真左上:4年生「小数」研究授業
写真右上:2年生「掛け算」研究授業
写真左下:5年生「折れ線グラフ」研究授業
写真右下:筑波大附属小の山本先生を囲んで

第3回広域在外研修の模様は「エルサルバドル国 初等教育算数指導力向上プロジェクト」でも紹介されています。
併せてご覧下さい。