6年生教材導入研修

2009年2月19日

2月の中旬には6年生教材導入研修を実施しました。正味3日半の研修を2回行いました。

写真写真第1回目は教材を作成した第1コアグループのメンバーが講師となり、全国教員校の数学教官を対象に実施しました。養成校で教材を導入するのが目的です。6年生の学習内容は、多角形、分数の計算、割合、比例、等々内容の濃いものが目白押しです。講義では参加者から多様な考えを引き出しつつ、練習問題で習熟を図るよう試みが行われました。数学専門教官である参加者は、休憩時間にも議論を行うなど活発な交流も見られました。また、今後は授業でもっと教材を活用したいという声がたくさん聞かれました。

写真左:教科書の内容について議論中。
写真右:休憩時間になっても議論続行中です。

写真写真第2回目は第1回目の参加者であるチナンデガ教員養成校の数学教官が講師となり、チナンデガのバリデーション協力校の6年生担任と校長を対象に実施しました。こちらは、実際に教室で使用してみてバリデーションを行うために現場の先生たちに内容を理解してもらうための研修です。参加者たちは、教室での教材導入に向けて教科書の内容を把握すべく熱心に取り組みを行っていました。

写真左:教科書の練習問題を使って内容を確認します。
写真右:六角形の面積を求めるために様々な解き方を参加者から引き出しました。