教員養成校指導案集検討会

2009年10月22日

【写真】

説明を聞く全国養成校の教官たち

プロジェクトではチナンデガ教員養成校で取り組んでいる“算数指導法“の授業改善を全国の教員養成校と共有できるよう指導案集としてまとめる作業を行っています。このほど前期授業分(2月〜6月)の試行版が出来上がったので、検討会が開かれました。

この指導案集はプロジェクトカウンターパートであるチナンデガ養成校の数学教官2名と教育省技官1名が作成しています。授業を実施しながら作成してきた経緯や、どのような授業改善の試みで学生の学力が上がったかなどを、他の養成校教官たちへ説明しました。また、各養成校の現状についての意見交換も行われました。どの養成校も入学してくる学生の学力不足が深刻であることが報告され、今後学力不足を補うためにも養成校での授業改善が重要であることが参加者の間で確認されました。来年度は他校の教官たちと、この試行版をよりよいものにするための改定作業を実施していきます。

【写真】【写真】【写真】

指導案集について説明するカウンターパート