サヘル地域における貯水池の有効活用と自律的コミュニティ開発プロジェクト

ニジェール国(以下「ニ」国)は国土面積が126万平方キロ(我が国の3.4倍)であり、このうち約65パーセントがサハラ砂漠である。基幹産業は農業で、労働人口の約90パーセント、GDPの約41パーセントを占めている。主要作物はミレット及びソルガムであり、全農地1,500万ヘクタールの3分の2に相当する地域で生産が行なわれている。人口約1,529万人(2009年)の約80パーセントが農村部に居住し、自給的農業を営んでいる。

しかし、殆どが天水農業によるため、収穫量は天候によって大きく左右される。2011年〜2012年においては雨量が少なかったことから、約51万9,000トンの食糧が…

更新情報

8月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
5月27日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
12月17日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
10月11日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
7月11日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ニジェール
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2011年12月9日
協力期間:
2012年2月27日から2015年2月26日
相手国機関名:
農業省農業総局、タウア州・マラディ州農業局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。