プロジェクト活動

プロジェクト活動実績

2007年度

6月2日〜7月17日
プロジェクトリーダーのアルセイニ氏を日本に派遣(地域別研修(仏語圏アフリカ)「教育行政」に参加)
6月11日〜15日
第7回SMASE-WECSA域内会議(ザンビア)に出席(CP2名、井手専門家)
6月7日〜9日
ケニア中等理数科教育強化計画(SMASSE)プロジェクトを視察(CP4名、井手専門家)
4月25日〜27日
ティラベリ州で校長・COGES代表対象のセミナーを実施
4月16日〜18日
ドッソ州で校長・COGES代表対象のセミナーを実施
【写真】【写真】【写真】

2006年度

3月5日〜17日
第1回中央研修を実施(地方研修講師など159名が参加。ケニア人専門家を招聘。ブリキナファソから3名参加。)
2月
ケニア中等理数科教育強化計画(SMASSE)プロジェクトの広報CDの仏語版を作成。
2月16日
第1回合同委員会(ニジェール中等教育省次官が委員長で、ニジェール・日本双方のプロジェクト関係者から構成される)を開催。
1月29日〜31日
ニアメで校長・COGES代表対象のセミナーを実施。(ケニア人専門家を招聘。)
1月18日
ニアメで視学官対象のセミナーを実施。
12月11日〜22日
プロジェクト対象地域である3州の48中学校を対象にベースライン調査を実施。
12月11日
井手専門家(現職教員研修マネジメント)着任。
11月6日〜12月2日
中央研修講師23名がケニアでの研修に参加。
10月25日
R/D(合意議事録)署名→プロジェクト開始!
【写真】【写真】【写真】

※ CP:カウンターパート。JICAの技術協力プロジェクトなどにおいて技術移転の対象となる相手国行政官や技術者。ここではプロジェクトのニジェール人スタッフ(ニジェール中等教育省視学官)。