プライマリヘルスケアにおける定期予防接種システム強化プロジェクト

パキスタン・イスラム共和国(以下パキスタン)では、1990年と比較し、妊産婦死亡率が出生10万対431から178へ、5歳未満児死亡率が出生1000対262から81(世銀、2015年)へと飛躍的に改善しているものの、依然高い数値を示しており、持続可能な開発目標(以下SDGs)において2030年までに達成すべき妊産婦死亡率(出生10万対70以下)及び5歳未満児死亡率(出生1000対25以下)を実現するためには更なる努力が必要である。
特に、パキスタンは野生株ポリオの発生が残る常在3か国の1つである。各ドナーの協力を得てパキスタン政府が進める追加的なポリオ接種キャンペーンでのポリオワクチン接…

更新情報

2019年12月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年5月29日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年5月16日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
パキスタン
課題:
保健医療
署名日:
2018年10月23日
協力期間:
2019年3月25日から2022年3月24日
相手国機関名:
ハイバル・パフトゥンハー州保健局