市場志向型農業のための農業普及改善プロジェクト

1)当該国における農業セクターの開発実績(現状)と課題
パレスチナ自治区(以下、「パレスチナ」という。)において、農業セクターは、GDP貢献度が5.6%(2011年)に留まるものの、食糧安全保障、コミュニティ再建及び土地保全の観点からパレスチナの安定及び発展において重要な役割を果たしている(注1)。耕作可能面積は、1,200平方キロメートルと国土の約1/5を占め、西岸地区、ガザ地区共に農業のポテンシャルは高い(注2)。パレスチナにおける農業は、イスラエルによる移動・物流の制約や地下水取水量の制限(西岸地区)といった構造的な制約要因を負っているものの、農業資材購入費の削減等、農業収益性改…

更新情報

6月25日
ニューズレター」 を更新しました。
4月8日
ニューズレター」 を更新しました。
対象国:
パレスチナ
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2016年2月15日
協力期間:
2016年7月30日から2021年7月29日
相手国機関名:
パレスチナ暫定自治政府農業庁普及・地域開発総局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。