ベラグアス県コミュニティ栄養改善プロジェクト

ベラグアス県コミュニティ栄養改善プロジェクト

パナマ国は、国内の社会・経済的格差が大きく(ジニ係数56.4、世界123ヶ国中ワースト14位(世界銀行2005))、地方農村社会の貧困問題は深刻である(貧困層の割合が都市部約20%に対して、農村部では約63%に達する)。国土の約5分の3は山岳地帯であり、地方農村では土壌の悪い農地を耕作する小規模農家が多く(小規模農家数 約19万戸、全農家数の約81%、パナマ会計検査院 農業センサス 2001)、技術不足、不十分な農具、種子、肥料などから自給自足にも満たない状態(貧困住民数:約113万人、全人口の約37%、極貧住民数:51万人、全人口の約17%、パナマ経済財務省 生活水準アンケート 2003)が…

更新情報

2010年8月23日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
パナマ
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2007年3月16日
協力期間:
2007年11月1日から2010年10月30日
相手国機関名:
厚生省、農牧開発省、教育省