アルトパラナ州青少年のための縫製技術、コンピューター技術職業訓練プロジェクト

 スペイン語

パラグアイ共和国では、2008年に選出されたフェルナンド・ルゴ大統領が、過去約60年に及んだ保守政党(一時軍事政権)による支配的な政治から一転して、弱者救済を政策の柱の一つにすえて当選し、貧困層に向けて社会の底辺の底上げに乗り出した。しかし、世界同時経済不況の影響を受け、一昨年から顕著になった旱魃・農作物の不作など相次ぐマイナス要因も影響し、全人口のうちの貧困層の占める割合がそれまでの49%から、さらに52%(2008年12月)に悪化するという、貧困からの脱却がなかなか進まない社会的経済背景がある。

更新情報

2017年10月31日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
パラグアイ
課題:
教育
署名日:
2011年1月20日
協力期間:
2011年2月1日から2016年1月31日
相手国機関名:
フンダシオン・マノ・ア・マノ