北部地域給水・衛生事業組織強化プロジェクト

 スペイン語

ペルーにおける「安全な水にアクセスできる人口」は、全国で83%(2007年ユニセフ子ども白書よる2004年の数値。以下同様)であり、中南米各国平均91%や隣国エクアドル94%、ボリビア85%と比較して低い状況である。
ペルー国内の状況としては、首都リマ等の都市部では、比較的上水道の整備が進んでおり、給水率89%となっている。一方、地方部における給水率は65%であり、都市部に比べて著しく低い。また、地方部ではトイレ等の衛生施設の整備率も低くなっている。
これまでペルー政府は、貧困対策の一環として、給水・衛生事業を重視しており、2006年に水供給及び衛生対策の推進のために国家衛生計画(…

更新情報

2012年7月12日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ペルー
課題:
水資源・防災
署名日:
2009年2月4日
協力期間:
2009年4月1日から2013年3月31日
相手国機関名:
住宅建設衛生省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。