養殖普及プロジェクト

養殖普及プロジェクト

フィリピン国は約36,000kmの海岸線を有し、約800の島に人口が分散している島嶼国である。人口は沿岸域に集中し、沿岸部住民の多くは古くから食料供給及び生計を沿岸資源に頼ってきた。中でも約60万世帯以上の小規模漁家が存在し、これら殆どが貧困層に属する。

フィリピンの水産業はGDPの4%、就業人口の5%(約100万人)を占める産業である。違法操業等による乱獲、環境劣化に伴い90年代は減少傾向にあったが生産量は回復基調にある。商業漁業及び小規模漁業生産の大幅な増加が期待できない中で、養殖業は過去5年間で年間平均10%程度の成長率を記録しており、2004年には約173万トンの生産量を…

更新情報

2010年4月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
フィリピン
課題:
水産
署名日:
2006年8月10日
協力期間:
2006年11月1日から2010年4月30日
相手国機関名:
国立総合水産技術開発センター

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。