プロジェクト概要

プロジェクト名

(日)航空航法システム安全性・効率性向上プロジェクト

対象国名

フィリピン

署名日(実施合意)

2008年12月5日

プロジェクトサイト

マニラ首都圏パラニャケ市

協力期間

2009年2月25日から2014年2月24日

相手国機関名

(和)民間航空公社

背景

国際民間航空機関(ICAO)は、増大する航空交通量に対応するため、新CNS/ATM(Communication, Navigation, Surveillance/Air Traffic Management)の導入を決定し、フィリピン政府も当該国際標準に従うため、同システムの導入を決定し、JICA開発調査「次世代航空保安システム整備事業連携詳細設計調査」、JBIC円借款「次世代航空保安システム整備事業」により、新CNS/ATMシステム整備が実施されている。

しかし、管制官、飛行検査官、航空機検査官等の多岐にわたる関係者が、新制度の運用方法等に習熟する必要があることから、ATOでは、新CNS/ATMの運用のための各種認証基準づくり、関係者の訓練等に関する支援を必要としている。

フィリピンの空域で新CNS/ATMが十分に整備されなければ、同空域を含む周辺地域全体に支障が生じることから、ICAO及び主要航空会社はフィリピン政府に対し、新CNS/ATMの早急な整備を求めているところである。

目標

上位目標:

航空管制における新CNS/ATMシステム実施により、航空安全性・効率性が向上する。

プロジェクト目標:

新CNS/ATMがCAAPにより、効率的かつ自立的に運用・管理される。

成果

  1. 新CNS/ATMを活用した航空管制が導入される。
  2. ADS-CPDLCの試験運用が円滑に実施される。

活動

  1. 航空管制における新CNS/ATMシステムを活用した承認のための新基準のための訓練と準備
  2. ADS-CPDLC試験運用の実施

投入

日本側投入:

  1. 長期専門家派遣1名×(2年、3年)
  2. 短期専門家派遣6分野
    • 衛星データリンク(ADS-CPDLC)
    • 航空交通流管理(ATFM)、広域航法(RNAV)
    • 空域調整整備
    • 航空情報(AIS)運航承認
    • 世界測地系(WGS-84)
    • 飛行検査
  3. WGS-84実施測量データの解析
  4. 機材供与(PC等の事務機器)

相手国側投入:

  • カウンターパートの配置
  • 執務室の提供
  • 円借款事業の遅延なき実施
  • ADS-CPDLCトライアル機材の購入(円借款事業)
  • WGS-84実地測量データ(40空港)の提供