メディアを活用した遠隔教育普及・組織強化プロジェクト(EQUITVフェーズ2)

 英語

パプアニューギニア独立国(以下、PNG)は一万近くの島々からなる島嶼国家であり、アクセスの困難な遠隔地において教育施設及び教員の質・量が不足している。基礎教育(予科〜第8学年)の純就学率は52.9%(2007年、PNG教育省)と大洋州地域の周辺国と比較しても極めて低く、その改善が大きな課題となっている。また、第8学年修了試験の全国平均点がほぼ全ての教科で4割を下回っていることから(2006年、PNG教育省)、基礎教育の修了が基礎学力の習得につながっていないと考えられている。 このような状況の中、我が国は遠隔地における教育の質改善のため、遠隔教育を柱とした協力を進めてきた。特に、「テレビ番…

更新情報

10月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
9月15日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
8月28日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
8月10日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
3月8日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
パプアニューギニア
課題:
教育
署名日:
2012年2月1日
協力期間:
2012年4月1日から2015年12月31日
相手国機関名:
教育省 カリキュラム開発・評価局、教員教育局、標準・ガイダンス局、政策・計画・研究局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。