障害を持つ元戦闘員と障害者の社会復帰のための技能訓練及び就労支援プロジェクト

 英語

ルワンダでは、長年にわたる内戦及び1994年の大虐殺やコンゴ民主共和国(DRC)等近隣国との紛争により、肥大化したルワンダ愛国軍(後にルワンダ国軍に移行)の適正規模への縮小と、DRCから流出した民兵の動員解除及び帰還の推進が、政治・治安・経済的な側面からの喫緊の課題であった。この問題に対応するために、1997年にルワンダ政府はルワンダ動員解除・社会復帰プログラム(RDRP)ステージ1を国軍兵士を対象として開始した。2001年からは、軍事費の削減と国民和解の一環として、主にツチ族で構成される国軍兵士のみならず、1994年以前の旧政府軍兵士と1994年以降ルワンダ国外で武装活動をしている民兵も対象…

更新情報

1月30日
ニューズレター」 を更新しました。
9月17日
ニューズレター」 を更新しました。
4月5日
ニューズレター」 を更新しました。
1月30日
ニューズレター」 を更新しました。
10月15日
ニューズレター」 を更新しました。
対象国:
ルワンダ
課題:
社会保障
署名日:
2010年12月23日
協力期間:
2011年3月11日から2014年3月10日
相手国機関名:
ルワンダ動員解除・社会復帰委員会

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。