コーヒーバリューチェーン強化プロジェクト

ルワンダ共和国(以下、「ルワンダ」という。)では、全人口の約8割が農業に従事し、農業セクターはGDPの約3割、輸出総額の約4割を占めており、同国の国家経済にとって重要な役割を果たしています。農水産物の輸出においては、伝統的な商品作物であるコーヒーと紅茶の二大産品が8割(コーヒー5割、紅茶3割)を占める代表的な輸出産品です。
ルワンダのコーヒー生産は、同国農家総数約170万戸のうち約35万戸、その大部分が小規模農家により行われており、生産量は平均18,900トン/年(2005年〜2012年)で、そのうち8〜9割が輸出されています。コーヒーにおける様々な施策は、農業動物資源省(MINAGR…

更新情報

10月3日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ルワンダ
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2016年12月8日
協力期間:
2017年5月2日から2020年5月1日
相手国機関名:
国家農業輸出振興機構