障害を持つ除隊兵士の社会復帰のための技能訓練プロジェクト

 英語

障害を持つ除隊兵士の社会復帰のための技能訓練プロジェクト

長年にわたるフツ族対ツチ族の内戦及び94年の大虐殺後、ルワンダにおいては、肥大化したルワンダ愛国軍(RPA、2002年以降ルワンダ国軍(RDF)に改名)を適正規模まで縮小するとともに、コンゴ民主共和国(DRC)に流出した民兵(Armed Group)の動員解除と帰還の推進は、政治面、治安面、及び経済的な側面からも喫緊の課題であった。ルワンダ政府は「ルワンダ動員解除・除隊兵士社会復帰委員会(Rwanda Demobilisation and Reintegration Commission、以下RDRC)」を設置し、世銀等の支援を受け、1997年にルワンダ動員解除・除隊兵士社会復帰プログラム(R…

更新情報

8月27日
プロジェクトニュース」を更新しました。
8月22日
プロジェクト活動」を更新しました。
対象国:
ルワンダ
課題:
社会保障
署名日:
2005年12月26日
協力期間:
2005年12月26日から2008年12月25日
相手国機関名:
ルワンダ動員解除・社会復帰委員会

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。