理数科教育改善プロジェクト・フェーズ2

理数科教育改善プロジェクト・フェーズ2

セネガル共和国(以下、セネガル)の初等教育は、総就学率が92.5% (2009年)まで達したが、修了資格試験(CFEE)合格率は60.8%(2009年)にとどまっており、ミレニアム開発目標(MDGs)に示された「全児童が初等教育の全課程を修了する」という目標の達成は極めて難しい。CFEE合格率の低さは、教育の質、特に教員の質の低さが主な要因となっている。児童数急増に伴う教員不足解消のため、セネガル政府は1995年からボランティア教員制度を導入するとともに、教員養成校期間を4年間から約6ヶ月に短縮したため、教員の知識や技能が著しく低下した。少なくとも2015年までは毎年約6万人ずつ児童が増加する…

更新情報

1月26日
プロジェクトニュース」を更新しました。
11月18日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
セネガル
課題:
教育
署名日:
2011年7月25日
協力期間:
2011年9月1日から2015年8月31日
相手国機関名:
初中等教育・国語省 初等教育局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。